【Q】オーケストラで使うミュートはどのようなものを購入すれば良いのですか?

■一般的なバイオリン用ミュートは2種類

バイオリン用のミュートは、消音器と弱音器に大別されます。消音器は、サイレンサーとも呼ばれます。
その名前の表すとおり、消音器はできる限りバイオリンの音を小さくするものです。
一方、弱音器は音を弱める他、音色の変化を狙って使用されます。 続きを読む 【Q】オーケストラで使うミュートはどのようなものを購入すれば良いのですか?

【Q】2つの弦を同じ指で同時に押さえられません、どのようにすればよいでしょうか?

■「5度」はバイオリンの弱点

バイオリンには、2本の弦、もしくはそれ以上の弦を同時に発音する、「重音」という奏法があります。
2つの音による重音に関して言うと、基本であり頻出する3度、6度の重音の他に、4度、5度、オクターブと言ったパターンがあります。

この中で、「5度」の重音だけはある意味特殊だと捉える事ができます。 続きを読む 【Q】2つの弦を同じ指で同時に押さえられません、どのようにすればよいでしょうか?

【Q】なぜバイオリンを弾くときに開放弦を使ってはいけないのですか?

■開放弦の特徴的な音色

確かに、合奏指導などでは、「開放弦を使うな」と言われることが多々あります。
弦楽器に詳しい指導者においてはもちろんの事、そうでない指導者の場合でも「開放弦=良くない音」と思っているために、頻繁に言われるのだと思います。
開放弦は、本当にどんな場合でも禁止なのでしょうか? 続きを読む 【Q】なぜバイオリンを弾くときに開放弦を使ってはいけないのですか?