カーボン製バイオリンケースのおすすめと、簡単にゴム足を取り付ける方法

■カーボンで出来たバイオリンケースとの出会い

私が初めてバイオリン用の、いわゆる「ハイテクケース」を目にしたのは、今から10年少し前、2004年ごろだったと記憶しています。
メーカーはBAM、色はシルバーとグレーの中間のような色で、角型のものをオーケストラのメンバーが持ってきたのです。

私も含め、みな一様に驚いていたのを記憶しています。ライフルでも入っているのか、と。
それまでは、バイオリンケースを選ぶときは「角型か、スリムな三角型かひょうたん型か」という選択肢しかなく、素材は木や発泡素材の枠を布地で覆ったものが主流だったのです。

今では「のだめカンタービレ」で有名になったイーストマンのグラスファイバーケースなど、安価なものも登場し、現在では街中で見かけるバイオリンケースのうち、半数はカーボンやグラスファイバーのケースのように思います。
カーボンケースには鮮やかな色も多いので、より目につくというのもあるかもしれませんが・・・

中でも、BAM、GEWAなどのケースは、スタイリッシュなデザインと剛健な作りを両立しています。

■楽器保護の観点からは、GEWAのバイオリンケースをおすすめしています。

カーボンのケースは、しっかりした作りのものを選べば大変頑丈であり、また汚れてもキッチン用アルコールなどで簡単に拭き取ることができるというメリットもあります。
特に、私は後者のメリットが大きいと感じています。
外から帰ってきた時に、軽く拭いて部屋に置けるので、清潔感があります。

安価なイーストマンのグラスファイバーケースも手軽に購入出来るという点では良いですが、長年にわたって使用することを考えていると、中国製のイーストマンのケースより、フランスやドイツのメーカーであるBAMやGEWAのケースを選ぶべきだと考えています。
楽器にとっての家であること、またバイオリンケースの購入は一時の出費ということから、より耐久性の優れたものを選ぶのは合理的な考え方だと言えます。

BAMとGEWAを価格の観点から比べると、スリムなシェイプタイプ、オブロング(角型)に大きな違いは無いようです。(本記事執筆時点)

耐久性という点ではどちらも申し分無いですが、底面とふたの噛み合わせの精度などから、GEWAの方が作りが良く、より長く愛用できるように思います。
私自身も、GEWAの角型バイオリンケースを複数愛用しています。

Gewa violin cases Air 1.7

角型タイプは価格が若干高いですが、いろいろな小物を入れられるので、便利です。
取り回しのしやすさや、より軽さを重視しされる方には、シェイプ型の方が良いかもしれませんね。

■GEWAのバイオリン用カーボンケース、最大の弱点は・・・

軽さ、耐久性を高いレベルで両立しているGEWAのカーボンケースですが、唯一の弱点があります。
それは、縦置きした時の底面にゴム足がついていない、ということです。
(ちなみに、BAMのバイオリンケースには、ゴム足が付いているモデルとそうでないモデルがあるようです。購入時には、注意が必要です!)

車移動がメインであれば、後部座席などにバイオリンケースを寝かせておくでしょうから、ゴム足がないことはあまり問題になりません。
しかし、電車で移動する時などは、肩からバイオリンケースを下ろして、床に置きたい時があります。
しっかりとストラップを握っていることが大前提ですが、こんな時にゴム足が付いていれば安心してケースを床に接地させることができます。

■ゴム足がないなら、付ければ良い

「ゴム足がついていない」というなんとも勿体無いGEWAのカーボンケースの弱点ですが、これは非常に簡単に、そして安価に解決することができます。
ゴム足を自分で付けてしまえばいいのです。
東急ハンズや、AMAZONの通販などで、次のようなものが売られています。

これはもともと、ドアを勢い良く開いたときに壁に傷がつかないように、壁側に貼り付けておくゴム製のクッションです。
壁につけることを想定しているため、強い粘着になっています。サイズも何種類か用意されています。

一方で、カーボンケースはツルツルとした素材ですので、この粘着テープによる取り付けは非常に相性が良いです。
(注意)GEWAのケースは一部、マットな質感の表面加工になっているものもありますので念のため注意してください。おそらくある程度の力でちゃんと粘着がつくと思いますが、私自身は試していません。前述の、汚れのふき取りや清潔感の観点からも、ツルツル素材のものをお勧めします。

自分で取り付けるだけで、GEWAのバイオリンケースがゴム足付ケースになります。
ゴム足が滑り止めや、置いたときの衝撃を少しでも和らげる効果が期待出来るので、これからケースを買う方も、すでに持っている方も是非チャレンジしてみてください。

お勧めの組み合わせ:

特に、軽いケースが必要な方には、オススメの組み合わせです。